紙幣を持つ人

シーエフネッツのセミナーで知識を得よう!

管理会社の選び方

女性と模型

3つのタイプの管理会社

不動産による投資で収益を上手に上げる方法の1つは、優良な賃貸管理会社を見つけることです。賃貸管理会社は大別すると3つに分かれます。1つ目は賃貸管理を専門に行う会社です。2つ目は仲介を主に行う管理会社で、3つ目はハウスメーカーによる管理会社です。1つ目の会社は、収益の多くが賃貸管理業による手数料です。入居者募集から賃貸契約の代行、月々の家賃の集金を行います。他には滞納した際の督促や敷金の清算やクレーム対応などの業務も行ってくれます。これらをオーナーの代行として実施してくれるので、助かることが多いでしょう。近頃は、集金と滞納時の督促を、保証会社に依頼している会社もあります。オーナーが支払う管理手数料が収入源の大半のため、オーナーを常に見ながら業務を行います。2つ目の会社は、賃貸仲介業を主に行っており、少ない賃貸物件を管理しています。主に契約期間管理や空いた部屋の客付のみというのが大半で、賃貸管理のノウハウは管理専業の会社に比べて余りありません。そして仲介が主なので、お客さんに勧める物件は、決まり易い物件になることが多いです。3つ目の会社は、ハウスメーカーが建築した物件を専門に管理する会社です。建築から管理まですべて一任できるというメリットはあります。しかし、ハウスメーカーと賃貸管理会社はあくまでも別会社です。ハウスメーカーは建築が主目的のため、建築後の保証が十分とはいえません。そのため、1つ目の賃貸管理を専門に行う業者に依頼するのが、賃貸経営で収益を上げるポイントといえます。