紙幣を持つ人

シーエフネッツのセミナーで知識を得よう!

単身でも賃貸可能な方法

家と硬貨

信用度が高いほど有利

賃貸物件を借りるときには一般的に連帯保証人を立てる必要があります。しかし最近では親族や知人に頼みづらい風潮もあり、特に身寄りのない一人世帯にとっては死活問題となっていました。そこで、連帯保証人のような役割を持つ家賃債務保証という新しいサービスが登場しました。家賃債務保証サービスのメリットは連帯保証人を立てなくても家が借りやすくなるという点であり、その役割は文字通り家賃などの滞納を起こした場合に立て替えてくれるというものです。物件によっては、最初から家賃債務保証サービスを利用するのが条件となっているところもあります。家賃債務保証サービスを利用するには、まず保証会社から審査を受けることになります。審査の内容はカードの申し込みと同じ様なもので、債務を請け負った際にきちんと返済ができるのか、支払い能力があるのかを見られます。特に問題がなければ早く結果を知ることができます。無事に審査が通れば債務保証の委託契約を結ぶことになりますが、その際に支払う保証料にもばらつきがあります。大体は家賃の一部分からひと月分まで保証会社によって請求額の幅が広くなっています。また、自ら探した家賃債務保証会社か物件が提携する家賃債務保証会社かによっても保証料は変わってきますので、注意が必要です。どれくらい保証料がかかるのかは予め調べておくと良いでしょう。連帯保証人を立てる必要のない家賃債務保証というサービスは、物件を貸す側にとっても大変魅力的な制度です。万が一入居者が家賃を払えない場合には、代わりに家賃を支払ってもらえるので、家賃収入が途切れる心配はありません。また、家賃の取り立ても行ってくれるので、入居者と直接交渉したりトラブルに巻き込まれる心配はないのです。